映像プロジェクトについて
現在取りかかっているこの新しい映像プロジェクトは、長崎県に位置する鮮烈な歴史を持つ無人の島、端島についての集合的記憶、そして端島に対しての一般的理解を題材にしたものです。
はじめは岩の島だった端島は、20世紀初頭から炭坑を抱える人工的な島にその姿を変えていきました。絶頂期の端島の人口密度は現在の東京よりも高いものでした。1970年代には、島の資源は搾取され、人々は島を離れていったのです。今日、端島は無人の島となり、自然に浸食されるままに放置されています。
ニーナ・フィッシャー&マロアン・エルサニ (Nina Fischer and Maroan el Sani)
『さよなら端島』
記憶についてのプロジェクト:「現在とはどのように記憶され、明日私たちは何を思い出すのか」UmsetzungIn Gesprachen und Interviews mit ehemaligen Be-wohnern der Insel, sowie mit Wissenschaftlern der Universitat von Nagasaki und japanischen Schulern wollen wir uns mit dem Thema Erinnerung und Trans-fer von Erinnerung auseinandersetzen. Fragestellung: ?Wie entscheidet sich heute, an was wir uns morgen erinnern werden?“Neben einer Exkursion auf die Insel Hashima, die wir filmisch und fotografisch dokumentieren, planen wir auserdem einen Workshop mit Schulern an einer japanischen High School zu diesem Thema.Die Medien fur die Umsetzung unseres Vorhabens werden Film, Fotografie und Tonaufnahmen sein. Auserdem wollen wir Archivmaterial recherchieren.Wir haben bereits Kontakt aufgenommen zur Initi-ative, die sich von Nagasaki aus um den Erhalt der Insel als Weltkulturerbe einsetzt. Das Vorhaben wird auch vom deutschen Buro der Unesco unterstutzt. Der Leiter dieser Initiative, Herr Sakamoto, hat als Kind auf Hashima gewohnt. Wir wollen Interviews mit ehemaligen Bewohnern der Insel, sowie mit den Mitgliedern der Initiative ?Hashima Weltkulturerbe“ fuhren, zum Wert und zur Aussagekraft ihres Plans fur die heutige Gesellschaft: ?Warum ist es fur Japan und die Weltoffentlichkeit wichtig, die Insel zu erhal-ten?“ Auserdem kooperieren wir mit Wissenschaft-lern um Prof. Goto von der Universitat Nagasaki, die sozialwissenschaftliche Aspekte der Insel untersu-chen.Analog zu den Befragungen wollen wir Film- und Fotoaufnahmen auf der Insel Hashima machen, als eine Art Bestandsaufnahme. Da die Insel eine reine Fusgangerinsel war, wollen wir moglichst die alltag-lichen Gange der Bewohner aus deren Erinnerung rekonstruieren.
2000年には、ある大ヒットしたSF映画が端島で撮影され、また違う意味で日本人の意識を端島に呼び戻しました。若い世代の人たちは、映画や漫画、ビデオゲームを通して、ゴーストアイランドとして端島の存在を知る事となりました。現在は、長崎のNGOが島についての研究を進めており、これからの世代のために端島とその歴史を世界遺産として残していこうとイニシアティブとなり活動しています。私たちは、それぞれの世代によってこの島の意味合いが変わり続けていることに興味を持っており、現実、フィクション、記憶に関する残像やそれらの重なりについて触れることを目的としています。
このプロジェクトを実現するため、1974年まで実際にこの島に住んでいたかつての島民たちや長崎大学社会科学科の研究者の皆さん、それから、メディアを通してこの島について知った日本の高校生たちと意見を交わし、「現在とはどのように記憶され、明日私たちは何を思い出すのか」という記憶と記憶の移り変わりについて考えていきます。
ドイツの方々3名スイス1名・・・・日本よりプロのカメラマン・音響の方々総勢10名で3日間のドキュメンタリーの撮影が行われました。